簿記(日商簿記・全経簿記・建設業経理士)・弥生のビジネススクール 弥生カレッジCMC

簿記・弥生のビジネススクール 弥生カレッジCMC

0120-841-244

職業訓練のお問い合わせは 06-4800-6803

お問い合わせ

訓練説明会を見る

受講生のその後

>> 受講生のその後 TOPに戻る

成功パターンを探る

一般的に難しいとされる中高年男性の事務職での転職を叶えられたH.Yさん。
そんなH.Yさんが、今、みなさんに伝えたいメッセージとは?

インタビュー

(CMC)
H.Yさん、大手生命保険会社への就職内定おめでとうございます!

(H.Yさん)
はい、ありがとうございます。
修了後2か月で内定を勝ち取れるなんて正直驚いています。

(CMC)
一般的に中高年男性の事務職での転職は難しいといわれています。
今回、採用されるまでどのように就職活動を進められたのか
ぜひ詳しくお聞かせください。
前職の営業職から、なぜ事務職への転職を希望されたのか、
きっかけを教えてくださいますか?

(H.Yさん)
前職がかなりハードな仕事でした。
4年前に心筋梗塞で倒れてしまい緊急手術を受け、何とか一命を取り留めました。
その後、職場に復帰しましたが、体力的な不安を抱えながら営業を続けることが
困難と思い、将来のキャリアチェンジのために資格が必要と考えました。
ファイナンシャルプランナー、年金アドバイザー資格を取得し社労士の勉強を
続けていましたが、求人を探しにハローワークに行ったところ、
窓口で職業訓練を勧められました。

(CMC)
それは大変なご経験をなさったのですね。
ところでH.Yさんは2回目の応募で入校されたのでしたね。

(H.Yさん)
はい。1回目の応募のときは、
社労士の勉強を中心に考えていたので就職は資格取得後と考えていました。
そのあたりで訓練目的が違うと見透かされたのか見事不合格でした(笑)
2度目の応募は他校で検討はしたのですが、
自分を活かすことを考えるとCMCのカリキュラムが一番魅力を感じました。
ハローワークに相談したら「再チャレンジしましょう」と背中をおしていただきました。
資格取得よりもまずは就職することを最優先しようと胎が決まり再応募したんです。

(CMC)
そのような葛藤を経て入校され、日々どのようなことを意識されていましたか?

(H.Yさん)
早く就職できるように、日々の計画を立て、習慣リズムをつくりました。
特にモチベーションを維持するため勉強時間の使い方は工夫をしましたね。
登校前はカフェで復習、講座には全集中し、帰宅後自習に励みました。
6月に日商簿記2、3級のW受験をしましたが、3級しか合格できず、
かなりショックでした。それだけに、経理というより自分の目指す方向を、
幅広い職種で考え、総合力で勝負しようと気持ちを切り替えました。

(CMC)
それでは4か月の訓練は振り返ってみていかがでしたか?

(H.Yさん)
将来の方向を見極めるための大きなステップになったと思います。
自分自身の性格、適性や考え方にじっくりと向き合うことができ、自己分析も
深めいい機会になりました。
仕事の為の目的が定まると日増しに、すごく働きたいと感じてきましたね。

(CMC)
就職活動はどのようにされたのですか?

(H.Yさん)
修了後はハローワークの個別支援を活用し
大阪東、梅田と管轄の枚方の3か所で受けていました。
民間の人材紹介会社を含め専門窓口も利用し、
障がい者雇用と一般雇用の両方に応募しました。

(CMC)
就職に向けての活動量はすごかったんですね。

(H.Yさん)
そうですね。もともと営業経験が長かったものですから
”チャンスは自ら動いて掴みにいく”この姿勢で積極的に行動しました。
業界、企業研究、求人情報の収集にも余念はありませんでした。

(CMC)
内定いただくまでの応募数はどれくらいですか?

(H.Yさん)
はい、そうですね。
活動リスト(リスト提示しながら)を整理していたのですが、39社になります。

(CMC)
(リストを見ながら)上手く表作成され、情報管理が行き届いていますね!
書類選考から一次面接へ進むようになったのは、ちょうど1か月を過ぎた
くらいのようですね。
何かこの時期に応募書類に変化があったのでしょうか?

(H.Yさん)
そうですね。
CMCのカリキュラムの中でもキャリアシートをもとにカウンセリングを
していただきました。ハロワーク等で就職支援を受けながらブラッシュアップを
重ねた甲斐あって、1か月経過したくらいから芽が出てきました。
営業経験はもとより経理や総務の知識が加わり、
自分の個性も含め総合力でアピールするように工夫をしました。
その結果、応募企業への志望動機をしっかり相手に伝えられるものになったと思います。

(CMC)
自分の個性を総合力でアピールできるようになられたことで、
面接の質疑応答でも説得力があったのではないでしょうか。

(H.Yさん)
はい。
やはり40代ですから年下の上司や先輩に仕事を教えて貰うこともあると思います。
どんな職場組織であってもコミュニケーションがとれることは、とても重要な力だと
思います。その点は強みとしてかなりアピールさせてもらいましたね(笑)

(CMC)
内定いただいた雇用条件は希望通りだったのでしょうか。
差支えない範囲で教えていただけますか?

(H.Yさん)
はい、半年の試用期間を経て正社員として無期雇用される条件です。
また福利厚生や給与面も充実しています。
自分の病気がきっかけで保険のお世話になったことで、保険関係に興味をもちました。
その業界への就職はとても嬉しく思います。
まだ選考途中の会社が数社ありましたが、迷わずご辞退しました。

(CMC)
それでは、職業訓練はH.Yさんにとってどのようなものでしたか?

(H.Yさん)
はい。
自分の可能性を開き、成長させてもらった場所であり、
いわば短期集中能力開発道場です(笑)
そこで様々な経験を積めたことも新しい職場へのチャンスを掴み取った自信につながった のではないかと、今更ながら感じています。同じ受講仲間と励まし、喜び合える共感力も 高まり、自分の心もさらに豊かになれたように思います。

決してお世辞ではないのですが、職業訓練を受けての私の感想は、資格を取るためだけでなく、弥生カレッジCMCの熱心な講師スタッフの皆さん方のおかげで受講生の成長意欲を引き出し、 魅力ある人間づくりにも尽くされているとそう実感しています。

(CMC)
嬉しいお言葉ですね~。
私たちが一番伝えたいメッセージをしっかり受け止めてくださっていたのですね(笑)
H.Yさんから、あとに続くかたへのメッセージをお願いします。

(H.Yさん)
大変恐縮しますが、日々の就職活動は自分を売り込む活動でもあり、
また他との競争の中、自分の限界の壁を破る挑戦ともいえます。
私もそうでしたが、時には上手く進まず、辛い時がほとんどだと思います。
でも諦めずに「定めた目標に一歩でも近づく粘り強さ、攻めのチャレンジ精神を
持つこと、年齢は関係なく常に成長できると信じる」ということをお伝えしたいです。

最後にもう一言申しますが、私はここで訓練を受けられたことに心から感謝しています。
こうして一度は落ちて、また応募して入校できたのも何かの縁ですね(笑)
修了後、3組生一同として誓いの言葉を贈らせていただきました。
その言葉通り、次の職場で輝く人材に成長します!
訓練4ヶ月間、本当にありがとうございました。

(CMC)
修了式には本当に素晴らしいギフトをいただきありがとうございました。
集合写真まで載せたみなさんのメッセージ色紙を、
H・Yさんが徹夜で作成してくださったと聞き感激しました。
大切な宝物です!

まだまだ、これからも輝く人材へと成長し続けていってくださいね。
来月からのお仕事がんばってください!
ありがとうございました。

※敬称略させていただいています

>> 受講生のその後 TOPに戻る

ページの上部へ戻る

弥生カレッジCMC 〒534-0025 大阪市都島区片町2-2-40 大発ビル216
TEL:06-4800-6803  FAX:06-4800-6833  受付時間:9時30分~17時30分
Copyright (c) 2011 CaseMethod , LTD. All Rights Reserved.